ライン

ライン

時間割>シラバス

教員名 吉岡伸輔
種目 ゴルフ
目標(目的) ・ゴルフを通じて、からだを動かすことの重要性を理解し、実践する。
・ゴルフを通じて、屋外スポーツの楽しさを体験する。
・ゴルフのルールやマナー、そして競技特性を理解する。
・生涯スポーツの一環としてゴルフをコースで楽しめるようになる。
主な対象者 ・生涯スポーツとしてのゴルフを初めてみたい人
・ゴルフコースをラウンドしてみたい初心者
授業計画(1週間ごと) 1.ゴルフのルール、用具についての説明
2.グリップとアドレス、基本的なストロークの解説及び練習
3.アプローチとフルショットの練習(駒場キャンパスホッケー場)
4.ラウンド練習(検見川総合運動場、半日の実習を駒場キャンパスでの授業の3回分とする)
  7ホールのラウンド練習を、1グループ4名の学生に対して教官1名がついて行う。
授業形態(1回の時間内の代表例) ●授業形態1(駒場キャンパス第二グラウンド、通常授業)
1.出欠確認
2.準備運動
3.道具の準備
4.ショット練習
5.後片づけ
 
●授業形態2(検見川総合運動場、12月7日(土)に半日1回の実習を行う)
1.出欠確認(運動場クラブハウス前、08:30 or 12:30)
(午前・午後のどちらかは後日指定するが、種目選択の時点では終日予定を空けておくこと)
2.準備
  カップ・旗・練習用ボールなどを倉庫から、ラウンド練習場所に運ぶ。
3.アプローチとフルショット練習
  実際のボールを用い、2班に分かれて、アプローチとフルショットの練習を
  それぞれ15分程度行う。
4.ラウンド練習
  1グループ学生4名に対して教官1名がそれぞれつき、7ホールのラウンド練習を行う。
  その際、各教官がゴルフラウンド中のルールやマナーについて指導する。
5.後片づけ
  カップ・旗・練習用ボールなどを倉庫にしまう。
評価のポイント 0.出席
1.積極的に練習・ラウンドに参加したか
2.ゴルフのルールやマナーを理解したか(ラウンド実習の教官によって評価)
3.クラブに応じたショットを打つことができるか
個人で準備するもの 通常の体育実技と同じ運動着(ジャージ)およびシューズ
 注意)
  ・ジーンズや革靴は不可とする。
  ・体育実技としてゴルフを実施することから、通常のゴルフ用の服装や
   スパイクシューズも不可とする
  ・クラブやボールは大学のものを借りることができる。
   (練習場の都合からドライバーやロングアイアンは使用しない)
実施場所 駒場キャンパス第二グラウンド・検見川総合運動場
更衣場所 適宜(第1体育館2階、第2体育館1階更衣室、テニスコート横更衣室など)
注意事項 検見川実習(12月7日(土))は駒場キャンパスの通常授業の3回分に相当するので、スケジュールに注意すること。
ゴルフの傷害や危険性について十分理解し注意する。
盗難が多発しているので、かばん、 着替え等は自分で十分管理する。
その他  
Copyright (C) 東京大学 大学院総合文化研究科 身体運動科学研究室 All Rights Reserved.