ライン

ライン

時間割>シラバス

教員名 柳原
種目 テニス
目標(目的) テニスを生涯にわたって楽しんでプレーすることができる技術、体力、スポーツマンシップを習得する。
テニスを通して、身体を動かすことの大切さ、楽しさを学ぶ。
主な対象者 男女。経験者。未経験者。なお、テニスに意欲的に取り組み、運動して汗をかくことを積極的に楽しめる人を望む。
授業計画(1週間ごと) 第1、2週:ボレーの習得とテニスに必要なフットワーク
第3、4週:ハーフボレーとストロークの習得
第5-7週:ストローク対ボレーによる応用練習
第8週:スマッシュとロブの応用練習
第9週:サービスとレシーブ
第10週:ダブルスゲームを想定したフォーメーション練習、スピンサーブへの挑戦
第11週:ダブルスでのゲームプランの理解と実践
第12、13週:ダブルスゲーム
第14、15週:シングルスゲーム
授業形態(1回の時間内の代表例) 用具の準備、出欠確認、warming up、基本的な技術練習、応用練習(ゲームを含む)、cooling down、用具の後片付け
評価のポイント 出席状況、授業への取り組み態度、テニスの技術の3点から総合的に評価を行う
個人で準備するもの テニスシューズ。鋭い角や靴底に広い溝のある運動靴(ジョギングシューズなど)は不可。
服装は運動服なら何でもよい。
ラケットは大学で用意しているものを使用することができる。
実施場所 テニスコート(キャンパス西端:オムニコート3面+5面)
更衣場所 男子・女子ともにコート横の更衣室
注意事項 現金等の貴重品は、授業中には更衣室内に置かず、必ずコートに持って出ること。
その他 雨天及び雨後のコート状態の悪い時は教室でビデオ、プリント等の教材を用いて授業を実施するので、掲示に注意すること。
Copyright (C) 東京大学 大学院総合文化研究科 身体運動科学研究室 All Rights Reserved.