ライン

ライン

時間割>シラバス

教員名 寺田
種目 バトミントン
目標(目的) ・シャトルを打つ爽快感などバドミントンをプレーすることで得られる楽しさを体感する
・生涯にわたってバドミントンを楽しむことができるように、基本的な技術・ルールを習得する
・バドミントンを通じてスポーツの意義を再認識し、身体運動の科学的知識に興味が持てるようになる
主な対象者 ・バドミントンに興味を持って積極的に取り組める人
・体力、経験、性別は問わない
授業計画(1週間ごと) 第1週:ガイダンス、ラケットの扱い方など基本動作の練習
第2~5週:基本ストロークの練習、半面でのシングルスゲーム
第6~9週:全面でのシングルスゲーム
第10週:ダブルスゲームの進め方の説明、基本的なフォーメーションの練習,簡易ゲーム
第11週~:ダブルスゲーム
授業形態(1回の時間内の代表例) 用具の準備、出欠確認、準備体操、基本ストロークの練習、ゲーム、後片付け・掃除
評価のポイント ・授業への出席状況と参加態度(積極的に活動に参加しているか等)を重視
個人で準備するもの ・運動に適した服装
・体育館シューズ(土足厳禁)
※ラケット、シャトルは大学のものを借りることができる(自分の用具を持参可,但し保管場所は各自で用意すること)
実施場所 第2体育館1階フロア
更衣場所 第2体育館1階更衣室
注意事項 ・ラケットを振るときには周囲に人がいないか確認し、ラケットを振っている人には近づきすぎないようにするなど、ケガには十分注意する
・盗難防止のため、貴重品は更衣室内に置いたままにせず、フロアに持ってくること
・体調がすぐれない時は無理をせず、担当教員にその旨を申し出ること
その他 ・バドミントン経験者は、未経験者への技術指導・アドバイスなどを積極的に行ってください
Copyright (C) 東京大学 大学院総合文化研究科 身体運動科学研究室 All Rights Reserved.