ライン

ライン

時間割>シラバス

教員名 田辺 
種目 卓球
目標(目的) 卓球を通じて身体を動かすことの楽しさと意義を学ぶ。
卓球のルールや基礎的技術を学び、スポーツを通して他者と協力することの大切さを学ぶ。 
主な対象者 卓球に興味がある学生。他の学生と協調しながら積極的に取り組む意欲がある人。競技経験は問わない。
授業計画(1週間ごと) 第1回:ガイダンス、アイスブレーキング、ラケット操作
第2、3回:フォアハンド・バックハンドラリー、ミニゲーム
第4、5回:ツッツキ・ショートの練習、ミニゲーム
第6、7回:サービス・レシーブの練習、ミニゲーム
第8回以降:シングルスゲーム、ダブルスゲーム
授業形態(1回の時間内の代表例) 出席確認、用具の準備、準備運動、技術的な課題の練習、ゲーム、後片付け
評価のポイント 出席状況、授業への積極性や、楽しんで取り組んでいるか等の態度、レポート内容などで総合的に評価する。
個人で準備するもの 運動できる服装、体育館シューズ、タオル、スポーツドリンク等の水分
実施場所 第1体育館2階卓球場
更衣場所 第1体育館更衣室
注意事項 盗難防止のため、貴重品は必ずフロアーに持ってきて自己管理すること。
その他 ラケットは大学で用意しているものを使用可能。
Copyright (C) 東京大学 大学院総合文化研究科 身体運動科学研究室 All Rights Reserved.