ライン

ライン

時間割>シラバス

教員名 島崎
種目 バスケットボール
目標(目的) この授業「バスケットボール」の目的は、コートの中で走り回り、 シュートを入れることで、皆さんの満足感、達成感を充足させることもありますが、しかし何よりも大切なことは、この授業の場において、ふだんの教室や学食ではなかなかできない、学生間のコミュニケーション、友達作りを行う。それがこの授業の一番の目的です。
 まず始めにグループを作り、主に5対5の試合を行います。その試合の中で、メンバー同士のコミュニケーションを行い、相手と対戦することにより、敵のチームのメンバーとも交流することが出来ます。
 バスケットボールのルールも年々少しずつ変わります。その主な新ルールについての解説も含め、適切な審判法や、攻め方、守り方の考え方を提示いたします。
 皆さんは、このバスケの授業を通して、きっと価値観のあう、楽しい友達がたくさんできることと思います。楽しく、頑張ることを目指します。
主な対象者 経験・未経験、男女を問いません。
授業計画(1週間ごと) 【第2週】
 8つのグループを作って、リーグ戦を行うためのグループ作りを行います。また、授業内のルールの説明や審判法を理解してもらいます。ランニングシュートとセットシュート。
【第3週】
 ドリブル、パス、ランニングシュートとセットシュート。3対3。
【第4週~10週】
 5対5によるリーグ戦を行います。 この間、攻め方と守り方についての説明や、個々のグループについてのアドバイス。
【第11週~13週】
 上位リーグと下位リーグのプレーオフ。
授業形態(1回の時間内の代表例) 8つのグループを作り、リーグ戦を中心に行う。1試合は前半10分、後半10分の合計20分を予定。前後半は1分のインターバルを挟み、連続で行う。
評価のポイント 出席と授業に取り組む姿勢、チームへの貢献度、レポート、等で判断する。
個人で準備するもの 体育館用シューズ。運動着。タオル。
実施場所 第1体育館3階フロア
更衣場所 第1体育館2階更衣室
注意事項 ・水分補給のため、ドリンク類の持ち込みは許可しますが、授業途中に買いに行くことのないようにして下さい。
・メンバーチェンジのやり方によって、休息後に出場の際は、十分ストレッチ、下肢のマッサージを行うこと。
・危険防止のため、アクセサリー類は必ずはずしてプレーすること。
・盗難に注意のため、更衣した後の荷物は全て教場へ持ってくること。
その他  
Copyright (C) 東京大学 大学院総合文化研究科 身体運動科学研究室 All Rights Reserved.