ライン

ライン

時間割>シラバス

教員名 笹井浩行  
種目 卓球
目標(目的) ・卓球を通じて生涯に亘って運動を実践し,健康や体力を保持・増進させる態度や習慣を養う
・基本技術を習得し,生涯に亘って卓球を楽しむことができる基礎を築く
・他者との協力を通じて,コミュニケーションや相互理解の重要性を理解し,そのスキルを高める
主な対象者 卓球に興味があり積極的に授業に参加できる者で,経験の有無は問わない
授業計画(1週間ごと) 1.オリエンテーション
2.ルールとゲームの理解
3.フォアハンド
4.バックハンド
5.サービス
6.シングルス・ゲーム
7.ダブルス・ゲーム
8.リーグ戦
9.ラージボール卓球体験
*上記の内容を織り交ぜながら進める
*受講生の習熟度に応じて,順序や内容を変更することがある
授業形態(1回の時間内の代表例) 1.出席確認
2.準備運動・ストレッチ
3.基本技術の練習
4.ゲーム・リーグ
5.後片付け
評価のポイント ・出席状況
・授業への参加意欲・態度
・技術・知識の習得状況
個人で準備するもの ・運動できる服装,体育館シューズ,タオル,水やお茶
実施場所 第1体育館2階卓球場
更衣場所 第1体育館更衣室
注意事項 ・各自で貴重品を管理すること
・準備運動や整理運動を入念におこない,ケガを予防すること
・授業時間外でも卓球に触れる機会(テレビ観戦を含む)を持つこと
その他  
Copyright (C) 東京大学 大学院総合文化研究科 身体運動科学研究室 All Rights Reserved.