ライン

ライン

時間割>シラバス

教員名 黒川
種目 バレーボール
目標(目的) バレーボールはチームスポーツです。履修の意義は、バレーボールに関わる個人技術の向上、技術・戦術の理解や、体力トレーニングの方法を学ぶと共に、チームメイトとの協力の重要性についてゲームを通して実体験することです。バレーボールの基本技術・ルール・審判法をしっかり身につけ、生涯スポーツの一つとして位置づけることも目指します。
主な対象者
授業計画(1週間ごと) 1.ガイダンス(履修の注意、出席カードの作成、班分け)・競技特性(歴史、ルールなど)
2.パス技術1(オーバーハンドパスの基本)、ゲーム 3.パス技術2(アンダーハンドパスの基本)、ゲーム
4.レシーブ技術1(対人レシーブ)、ゲーム
5.レシーブ技術2(シート・レシーブ)、ゲーム
6.サーブ・レセプション技術、ゲーム
7.サーブの基本(サーブの種類と打ち方) 、ゲーム
8.スパイク技術1(スローテンポのスパイクの打ち方)、ゲーム
9.スパイク技術2とブロック(ファストテンポのスパイクの打ち方) 、ゲーム
10.ゲームによる試合展開1(簡単なルール解説と審判方法,リーグ戦1)
11.ゲームによる試合展開2(リーグ戦2)
12.ゲームによる試合展開3(リーグ戦3)
13.ゲームによる試合展開4(リーグ戦4)
14.ゲームによる試合展開5(リーグ戦5)
15.実技テスト(スパイク)
授業形態(1回の時間内の代表例) 実技形式が中心となりますが、必要に応じて演習室における講義形式での授業も行います。毎回の授業は、出席→ウォーミングアップ(ストレッチング+ボールを使ってのウォーミングアップ)→ 基本技術の練習 → 試合 といった流れになります。
評価のポイント 授業参加度・授業態度・実技テスト(達成度)等で総合的に評価します。
個人で準備するもの スポーツウェアおよび屋内用スポーツシューズ。これらを忘れた者は見学扱いとします。
実施場所 第1体育館
更衣場所 第1体育館2階更衣室
注意事項 特にありませんが、体調の悪い時には無理をしないで申し出てください。
その他 質問のある方は、毎週月曜日昼休みに、9号館1階教員控え室に来てください。 
Copyright (C) 東京大学 大学院総合文化研究科 身体運動科学研究室 All Rights Reserved.