ライン

ライン

時間割>シラバス

教員名 覚張
種目 メディカル3
目標(目的) 怪我や整形外科的疾患で通常の体育実技ができない学生、または早期に完全なかたちで体育実技やスポーツへの復帰を望む学生に、その症状(状態)応じた適切なリハビリテーション法についての実践を行う。
スポーツ現場で運動部や同好会の学生トレーナーとして活動している学生等で希望する学生に対して、スポーツ現場での応急処置やアスレチックテーピング、及び復帰までのアスレチックリハビリテーション法の実技指導を行う。
以上の2点である。
主な対象者 ・怪我や整形外科的疾患で通常の体育実技ができない学生
・早期に完全なかたちで体育実技やスポーツへの復帰を望む学生
授業計画(1週間ごと) 進め方は出席する対象(希望)学生の状態に応じて進めて行く。
参加する学生のそれぞれの設定した目標が達成できるように進める。
授業形態(1回の時間内の代表例)
評価のポイント 整形外科的疾患のある学生は自己の問題解決の方策に如何に取り組んだか。 アスレチックリハビリテーションの実際を学びたい学生は実践能力をどの程度迄身につけられたか。レポート提出と併せて総合的に評価する。
個人で準備するもの 運動のできる服装と上履きおよび筆記用具。
必要に応じて個人の必要なサポーターあるいは装具など。
実施場所 第一体育館 1階 特別体育室 
更衣場所 特別体育室内
注意事項 個人個人の目標を設定しますので、積極的に取り組んで下さい
その他  
Copyright (C) 東京大学 大学院総合文化研究科 身体運動科学研究室 All Rights Reserved.