身体運動科学シンポジウム

過去のシンポジウム


第17回 身体運動科学公開シンポジウム

テーマ 
直立二足歩行を考える-健康スポーツ医学・身体運動科学から


日時 2009年7月11日土曜日 13時から17時まで

場所 東京大学駒場キャンパス アドニミストレーション棟3階 学際交流ホール(正門入って右)

入場無料、事前登録不要

13:00~14:00 ポスター展示
シンポジウム
14:00~14:10
はじめに 健康スポーツ医学より現代人の問題点
座長 久保田俊一郎教授(内科学、健康科学)

14:10~14:40
講演1:立つ、歩くために必要な神経機構-遺伝子変異マウスを用いた研究より
柳原 大准教授(神経生理学)

14:40~15:20
講演2:立つ、歩くために必要な 筋力、トレーニング
石井 直方教授(運動生理学)

15:20~15:30 休憩 ポスター

15:30~16:00
講演3:立つ、歩くことが障害された状態、ロコモティブ症候群    -スポーツ障害から変形性関節症まで-
渡會 公治准教授(整形外科学、スポーツ医学)

16:00~16:30
講演4:再び立つ、歩くためのリハビリテーション科学
中澤 公孝教授(運動生理学、リハビリテーション科学)

16:30~17:00
総合討議:直立二足歩行を考える-健康スポーツ医学・身体運動科学から 文系のコメンテーターの感想、質疑
菅原 克也教授 (超域文化/英語)